眼科・京都市南区・京都駅すぐ・京都駅より徒歩5分・土日祝も診療

ドライアイ治療

涙点プラグによるドライアイの治療法「キープティア」

 

涙は上まぶたの外側にある涙腺で涙は作られます。涙は目の表面を覆い、約10%は蒸発し、約90%は目頭の上下にある涙点という穴より鼻に向かって流れていきます。(泣いた時に鼻が出るようになるのは、これが理由です)

ドライアイとは、原因は様々ですが、涙の出る量が少なくなるか、涙の質が低下して涙が蒸発しやすく目が乾く状態です。どちらの場合も目薬にて治療が可能で、当院でも点眼を処方させて頂きますが、目薬により改善が難しい場合には、涙の流出口である涙点をふさぐことで、相対的に涙を増やします。お風呂に栓をするような感じで、目の涙点に蓋をする治療です。点眼の回数や本数を減らしたい方にもオススメです。
それにはシリコン製の涙点プラグで涙点を閉じる方法と、涙の流れ道に液体を注入する方法キープティアがあります。

line_02

(1)キープティアは体に吸収される液体のコラーゲンを使用し、体温により固まる特性を利用して、涙点内に入れる際もは少しチクっとした痛みはありますが、我慢ができないほどではありません。、患者様の涙点からその先の道に沿って固まるため、どの方にも必ず効果があります。
注入されたコラーゲンは徐々に分解され排出されます。そのため、この効果は1〜2か月程度続き、効果がなくなった頃に再度施術が必要になります。

施術方法は、痛み止めの点眼をした後に、細い管を使って目頭にある涙点から冷やしたキープティアを注入します。
10秒ほどで注入でき、固まるまで15分ほどベットで横になっていてもらいます。
その後は洗顔入浴等も可能です

(2)シリコン製の涙点プラグは点眼麻酔後、涙点にシリコン製のプラグを挿入します。きっちり蓋をするため、施術は一瞬ですが、プラグを挿入する際に少し押されるような痛みがある場合があります。きちんと入れば、何度も繰り返し施術しなくて良いのが利点ですが、患者様によってはプラグが目に当たり違和感が出たり、涙点が伸びてプラグがいつの間にか自然に外れることがあります。その場合、違うサイズもしくは違う種類のプラグを再挿入することが可能です。
プラグはとても小さく透明のため目立ちません。プラグによる違和感が出た場合を含め、後日取り外しも可能です。

line_02

‏治療費用はどちらも1箇所(片眼1涙点)
1割負担  約1,100円
3割負担  約3,500円

※初診料、再診料、検査料は別途かかります。

曜日により施術できない場合がございます。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

medical_12

line_02

button_02

button_01
〒601-8417
京都市南区西九条鳥居口町1番地
イオンモールKYOTO Sakura館3階
Tel 075-634-8863
line_01 read_03
京都駅より徒歩5分
イオンモールKYOTO Sakura館3階
( 土日祝は無料シャトルバス有り )

PAGETOP
Copyright © ひろせ眼科 All Rights Reserved.