眼科・京都市南区・京都駅すぐ・京都駅より徒歩5分・土日祝も診療

近視の進行を抑える点眼薬

banner_10

お子様が近視でお悩みの方へ

対象となる方

6才以上12才以下の方 (=近視の進行が著しい時期)

中等度(-6D)以下の近視の方

 

0.01%アトロピン点眼液 (マイオピン)というお薬を1日1回点眼することにより,近視の進行を抑制す る治療があります。

Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立 医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。

マイオピンの特徴

副作用がほぼ皆無の良好な近視進行抑制薬と言われ、近視の進行を平均60%軽減させると言われております。

日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。

目の遠近調節機能(手元を見る作業)や近見視力に殆ど影響を与えません。

近視進行抑制眼鏡も不要と言われております。

毎日必ず就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法になります。

各容器(1本・5ml)は両眼用に1ヶ月間の使い切りになっております。

本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

処方の流れ

お子様の視力や目の状態などを検査・診察します。

診療後、ご希望があれば、後日マイオピン(目薬)を処方します。

マイオピン処方の日は検査だけで診察はありません。

問題がなければ1か月後に受診していただき、定期受診(3か月毎)に移行します。

《マイオピン点眼の治療を御希望の方及び治療の御相談をご希望の方》初回の診察は必ず院長の診察日に来院して頂いております。診察の際、詳しく説明をさせて頂く為、お時間を十分に取らせて頂いております。初めて受けられる方及び治療の御相談をご希望の方は電話での予約のみ受付しております。インターネットでの受付は致しておりません。電話予約のない患者様の場合、診察等を受けて頂けない場合がございます。尚、マイオピン治療は自費診療となりますので、保険診療と同日ではお受けしておりません。予めご了承下さいますよう宜しくお願い致します。

マイオピンの治療費用

※本治療は自費診療(保険適応外)です。

初回の処方時 4,000円(税別)
※診察・検査費用1,300円(税別)+目薬代(1ヶ月分)2700円(税別)

処方後、1ヶ月後に受診していただき、問題が無ければその後は3ヶ月毎の定期受診となります。

3ヶ月毎の定期受診 9400円(税別)
※診察・検査費用1,300円(税別)+目薬代(3ヶ月分)8100円(税別)

※マイオピン点眼の治療を御希望の方                       初回の診察は必ず院長の診察日に来院して頂いております。時間をかけての説明をさせて頂きますので、初めて受けられる方及び治療の御相談をご希望の方は電話での予約のみ受付しております。インターネットでの受付は致しておりません。電話予約のない患者様の場合、診察等を受けて頂けない場合がございます。予めご了承下さいますよう宜しくお願い致します。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。
近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。
そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。
低濃度アトロピン(マイオピン)には眼軸長を伸展させる働きに関連するムスカリン受容体をブロックする効能があると言われています。

         《マイオピン(アトロピン0.01%)点眼群と未治療群の比較》

graph_01 graph_02

マイオピン点眼が選ばれる理由とは?

マイオピン(超低濃度アトロピン)点眼は、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時に従来のアトロピン1%と比べ、副作用がほぼ起こらないお薬です。

アトロピン1%点眼による近視抑制は1960年からすでに効果が立証されており、近視治療に使用されており、これまで報告された方法の中で最も抑制効果が強いと言われております。しかし、アトロピン1%は、瞳孔が開きっぱなしになることによる眩しさや不快感、目の遠近調節機能の低下、近くの物がぼやける というような副作用を起こします。

 

よくあるご質問

Q1.点眼をどれくらいの期間すると効果がありますか?

A. 半年以上、できれば2年以上点眼治療されると、ある程度の効果が期待できます。

Q2.近視が強い場合は効果はないのですか?

A. 両親が強い近視で、進行が早い場合や遺伝的要因が強い場合には効果が期待できない可能性があります。

Q3.近視の進行予防にはこのマイオピン点眼治療しかないのですか?

A. 進行予防法としては、このマイオピン点眼(低濃度アトロピン点眼)の他に、累進多焦点眼鏡等の装用とオルソケラトロジー(Ortho-k)というものがありますが、どちらも自費であり、レンズをその方に合うように調節するために何度も通院が必要になり、どちらもかなり高価な治療となります。さらにオルソケラトロジーでは、夜間のコンタクトレンズによる治療のために感染が問題視されています。他の治療よりも安価で、感染という面でもこの点眼治療はオススメできます。進行を遅らす度合いも他の治療と変わらないと言われております。

Q4.治療を中止すると元に戻ったりしますか?

A.    どの進行予防法もそうですが、やはり2年で点眼を中止した状態で1年間経過をみるとわずかにリバウンドがあったという結果がありますが、再び点眼を開始するとある程度の効果が期待できると言われています。

Q5.自費なのはどうしてですか?

A.  多くの大学病院で以前より研究が進められておりますが、保険診療の対象に至るまでの有効性やデーターが沢山揃っていないだけであり、近視進行防止に有効な治療法であるのは事実です。

Q6.この点眼はどのように働くのですか?

A.    作用機序は詳しくわかっておりませんが、考えられている機序を簡潔に言うと、眼軸が長くなる(=眼球が前後に伸びる)ことが近視の大きな原因の一つです。この点眼は、眼軸を伸ばそうという信号の伝達を抑えることにより近視進行抑制効果があると言われています。

Q7.マイオピンは安全ですか?

A.    副作用がほぼ皆無です。ただ、点眼開始後の数日だけ眩しく感じる方が稀におられますが、その後自然に回復します。

その他以下のことが報告されています。

    • アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありません。

    • 眼圧(IOP: Intraocular eye pressure)に影響を与えません。

    • 白内障を形成するとの報告はありません。

    • 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありません。

    • 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありません。

Q8.13歳以上であったり近視が強いとこの治療は受けられないのでしょうか?

A.    近視の進行が著しい年齢が6歳から12歳ということであり、それ以降の年齢に効果がないとは報告されておりません。本人様や家族の方の希望があればもちろん治療は可能です。

button_01
〒601-8417
京都市南区西九条鳥居口町1番地
イオンモールKYOTO Sakura館3階
Tel 075-634-8863
line_01 read_03
京都駅より徒歩5分
イオンモールKYOTO Sakura館3階
( 土日祝は無料シャトルバス有り )

PAGETOP
Copyright © ひろせ眼科 All Rights Reserved.